猫のしつけ~トイレ


犬と猫の両方を飼ったことのある人ならおわかりかと思いますが、
猫のトイレのしつけはとても簡単です。

なぜなら、猫にはもともとDNAレベルで「トイレは砂の上でするもの」
という認識があるので、猫用のトイレに砂を入れて部屋へ配置しておき、
猫ちゃんがトイレに行きたそうにしている時に何度か連れていってあげれば
自然とそこをトイレとして使ってくれます。

猫ちゃんがいつトイレに行きたそうかは、よく観察しているとわかるようになってきます。
このトイレに行きたそうなサインをどれくらい早く発見するかによって、
トイレのしつけが早く定着するかが決まるので、飼い主さんは猫ちゃんをよく見てあげることが大切です。

しかし、何らかの理由で別の場所に粗相をしてしまった場合、匂いが残ってしまっていると
猫ちゃんは匂いのする場所をトイレと認識してしまう恐れがあります。
粗相があった場合にはすぐに清掃して、しっかりと消臭することが大切です。

トイレの場所を覚えて、ちゃんと使っていたにも関わらず、別の場所にしてしまう事もあります。
飼い主さんや同居している別の動物とケンカをしたなど、なにかストレスになる出来事があった場合に
みられるものなので、原因が解決すれば治ります。

また、猫ちゃんがベランダやお庭伝いに外へ出てゆき、ご近所さんの特定の場所をトイレにしてしまって
トラブルになるケースもあります。野良猫から寄生虫などをもらってしまうこともあるので、
飼っている猫ちゃんが勝手に外へ出ないような配慮も必要です。

それでも別の場所でトイレをしてしまう場合は、用意しているトイレの設置場所が落ち着かなかったり、
箱型のへりが高くて中に入りにくい、砂が汚れている、など何か理由があって使わない可能性もあります。
場所を移動させたり、砂はいつも清潔に保つようにしてください。

最近はトイレの形や猫砂も様々な種類のものが出ています。
猫ちゃんは綺麗好きで大きめのトイレを好みますので、
ウンチはこまめに取り除き、広々としたトイレを用意してあげてくださいね。





猫のしつけ~お留守番


一人暮らしで猫を飼う場合、仕事や旅行などで家を空ける際に
お家でおとなしく待っていてもらうようにしつける必要がありますね。

猫は犬に比べるとマイペースで孤独に強いため、一人でお留守番することは
そんなに苦痛ではありません。お留守番している間にいたずらしないよう、
次の事に注意してください。

・戸締りをしっかりとしておく
ベランダや庭など、猫ちゃんが外へ自由に出ていってしまわないように
しっかりと鍵をかけておきましょう。外へ出てしまうと交通事故や近所の家に勝手に入ってしまうなど、
色々とトラブルの元になってしまいます。

・エサとお水の準備
猫ちゃんがお腹がすいて鳴いてしまう事のないように、エサとお水は十分に用意します。
たくさん置いておくと一度に食べてしまうので、
タイマーをセットすると自動で給餌してくれる市販のフィーダーがありますから
かりかり等をセットしてあげましょう。

・いたずら防止
一匹でいる間にあちこちいたずらしないように、触られると困る場所には
障害物を置いたり、退屈しないようにおもちゃを置くなどしていたずら対策をしておきます。

・危険なものは隠しておく
飲み込んでしまうような小さなものや尖ったものなどは、猫の手が届かないところや見えないところに
しまっておくようにします。

猫ちゃんの場合は何においてもそうなのですが、しつけというより人間が先回りして
危険を回避するように管理してあげることが重要になります。

中には一匹でいる事になれず不安になる猫ちゃんもいますので、旅行前などは日頃から
半日~1日ほど飼い主がいない日を作って、誰もいない状況に慣れさせておきましょう。

旅行で数日も家を空けるような時は
誰かに預けるか、ペットホテルへ泊まらせる方が無難です。

その場合も、普段飼っている家の状況と似ている場所で預かってもらうのがよいでしょう。
騒がしかったり狭かったり、環境が違うことは猫にとってもストレスになりますから、
帰ってきたら変わった様子がないかチェックしてあげる事も大切です。





捨て猫問題


猫を捨てる理由

私の住んでいる所は、ペット可能の市営住宅の近くで、その市営住宅に住んでいる人が引っ越す際に、飼っている猫を捨ててしまいます。

 

神戸市(特に中央区のような都心部)の一般の賃貸住宅は、このような感じです。

  • ペット可能なマンション自体が少ない。
  • ペット可能だといっても、『小型犬のみ可能』というような所が多い。
  • ペットを飼うと家賃が上乗せされてしまうアパートも多く、経済的な負担が大きくなる。

私は2年前に引っ越しを考えていましたが、新しいアパートを探す際に、上記のような問題があると分かったので、引っ越しを諦めました。

引っ越しが理由で毎年のように猫が捨てられ、問題が起こります。

 

実際に起こった問題

  • 猫がバイクや車の上に乗って汚してしまう

冬になると猫は温かさを求めて、エンジンが切れたばかりで温かい車のボンネットの上に乗ります。バイクのシートで爪を研いでシートをボロボロにしてしまいます。そうすると、バイクはボロボロになりますし、車には猫の足跡がついて、バイクや車の持ち主さんは非常に嫌がります。そのせいで、猫は石を投げられたり追いかけまわされたりしていました。

爪とぎをしてバイクのシートがボロボロになりました。

 

  • 猫が好きな人が餌をあげて片付けをしなかった

私の家で飼っている猫が捨てられた時、私やアパートに住む猫好き数人が、ミルクやキャットフードをあげていました。しかし、その後に片付けをしなかったので、残り物に蟻が来たり、容器がゴミになって、『汚い』と言われてしまいました。ただ可愛いと思って餌を与えていて後の事を全く考えていませんでした。後になって、こういった行動が問題になって、猫を嫌う人が増えると感じて反省しました。隣のマンションではこれが住民同士の大喧嘩に発展してしまいました。

食べた後の紙製のお皿の片付けをしなかった事があり、怒られてしまいました。

 

  • 猫が嫌いな人が猫を殺してしまった

以前はいっぱい居たのに、『最近猫を見かけない』と思っていました。久しぶりに合った隣の県営住宅の人にその事を聞いてみると、その人は『猫が大嫌いな人が殺鼠剤を餌に混ぜて殺してしまったから、猫の死体がいっぱいあった』と言いました。私は、それを聞いてすごくショックでした。

 

まとめ

飼えなくなったからといって簡単に捨ててしまうと、猫自身が不幸になるだけではなく、猫が起こした問題のせいで、地域の住民も困らせる結果になります。猫の幸せは飼い主さんにかかっていると思うので、猫を飼う時は、よく考えてから飼って欲しいと思います。

幸せそうに寝ています。

安心できる場所では猫はこのように寝ますが、捨てられてしまうとその猫は、野良猫になって、様々な危険にさらされ、安心できなくなります。





猫の慢性腎臓病について


実は、猫の腎臓病っていうのはそれほど珍しい病気ではないんです。
高齢の猫の3割近くに何らかの腎臓疾患があったという報告もあるくらいです。

人間の病気でも腎臓病というのは見つかりにくく、ひそかに進行していってしまうことが多いのです。さらに、人間と同じく慢性腎臓病は完全に治ることはありません。投薬で病気の進行を遅らせることしかできないんです。
腎臓の機能が失われてしまえば、人工透析で定期的に血液をきれいにしてあげるしか生きていく方法が無くなってしまいますが、透析できる動物病院は限られますし、費用負担もかなりものになってしまいます。

なるべくなら、慢性になる前に早く見つけてあげたいですよね。

しかしながら、人間でも見つけにくいのに、症状を口に出すことができないペットでは、さらに見つけにくい病気です。特に猫は不調を表に出すことが少ないものですから大変です。

腎臓病の具体的なサインとしては、水を飲む量が増えて、尿の量も増えてきたり、毛並みが悪くなったりしてきます。
そうは言っても、サインといっても、水を飲む量を1日中チェックしているわけにもいきませんし、毛並みといっても、毎日見ているとちょっとした変化には気づかなくなるものですよね。

だからこそ、15歳を超えるような高齢の猫には毎年の健康診断が大事なんです。
検査項目によっても変わってきますが、費用的には1万円前後が標準的なようですよ。





猫とアレルギーの関係 2


さて、アレルギー性鼻炎。辛いですね。私は花粉症なのでその辛さがよくわかります。ぐぢゅぐぢゅ鼻水が出て、くしゃみも出ますね。あと、目も痒くなります。

こなアレルギー性鼻炎を引き起こす原因を『アレルゲン』と言いますが、私は花粉症じゃないから、大丈夫。猫だって、抱っこした途端にくしゃみとか出るんだったら、猫アレルギーかもしれないけど、ペットショップで抱っこしてもくしゃみなんか出なかったよ、と安心している皆様。

『アレルゲン』は無数にあるのです。

[猫とアレルギーの関係1]で長々と猫毛の話しをしてきたのには意味があります。1番の恐怖のアレルゲン、『ハウスダスト』の発生が、アレルギー性鼻炎を引き起こす場合があるんです。一生懸命私が掃除をする理由がそこにあります。

長毛の猫を飼い出した当初は、全面フローリングの床でしたし、部屋数も多くありませんでした。さらに、猫の入れる場所もメインの部屋だけにし、廊下や洗面所は立ち入り禁止にしていましたので、掃除機、クイックルワイパーなど先ほど書いた通りに掃除をすれば問題はありませんでした。

しかし、その後引っ越した家では事情が変わりました。

猫の飼育可の、アパートは少々古く、と言ってももちろんフローリング。しかし、階下の部屋主が意地悪だったため(ご自身も猫を飼っているのに、猫の足音や猫タワーから飛び降りる音がうるさいと怒鳴り困れました)、フローリングの上にビニールタイル、そして、全面絨毯を敷いたところ、これまでのように猫の毛のお掃除が、儘ならなくなりました。

おかげで、今までよりも強力な掃除機を買い、毎日コロコロ・・・。しかし、発症しました、アレルギー性鼻炎。しかも病院で検査してもらうと今までなかった『ハウスダスト』と言う項目。

ショックでしたね。でも、しっかりと掃除をする。1日もサボらない。これで、今は症状を押さえられています。

私の場合は少し特殊かもしれません。けれど、1つ言えるのは、猫をゲージで飼わないのであれば、フローリングがベストと言うことです。

 

ほんとは仲良し

IMG00333





抜け毛とアレルギーの関係 1


猫を飼って、1番困ったのはお掃除です。

IMG01813

↑見ていただけばわかる通り、うちの子はむふぁむふぁの毛むくじゃらなんですね。

正確に言えば、これでも長毛種のセミロングの部類に入ります。ロングの定義は足下まで毛があることなので、手足が出ている場合は、セミロング、だそうです。

私達人間も、1日平均、50~100本は抜けると言います。

これが猫の場合だとどのくらいなのか?これは何本と言えるような簡単な問題ではありません。まず、毛の生え方で、全く違います。そもそも、みなさんは、猫の毛は3層になっていることをごぞんじでしょうか?

上からオーバーコート、アンダーコート、です。あれ?っ思いましたね。実は、アンダーコートは2層になっているんです。

オーバーコートは1番上の層で、固め。お水をはじいたり、紫外線から表皮を守る役目をしています。スゴいですよね、紫外線から守るものを生まれつき持っているなんて、ちょっと羨ましい。でも、お布団に刺さったり、洋服に刺さったりします。少しやっかい。

次にアンダーコート。これは体温をの保温性に富んでいます。ふわっとした体毛です。その中でも、柔らかい毛と少し固めのものがあります。

実は、オーバーコートはコロコロでも取りにくくて困る、と言う方が多いんですが、たぶんそう言う方の飼っているのは、↓このタイプ。

IMG01811

短毛ですね。(野良ちゃんですが)アンダーコートが少なくて、ブラッシングしてもそんなにごっそりとは抜けないタイプ。

ただ、うちの長毛は半端なくアンダーコートが抜けます。お掃除を1日でもサボると砂漠に転がる草みたいな塊がコロコロと。特に、春と秋の毛の生え代わりの時期は、毎日、掃除機、クイックルワイパー、その後、コロコロして、最後にハンディの掃除機まで使います。

正直、かなり大変なことだと思ってください。でも、それもかわいさの一部ですね。

そして、それを考えずに長毛種を飼うと、どうなると思います?

そうです、アレルギー性鼻炎を引き起こす場合があるんです。

 

 





猫のために安全なキャットフードを


我が家では猫を2匹飼っています。
2匹とも雑種の男の子で、年齢は8歳と6歳です。

今食べているキャットフードはカリカリが「ねこ元気下部尿路の健康維持用」、缶詰が「金缶」です。
主食としてカリカリを上げて、夜ごはんだけ缶詰を少し上げています。

大きいほうの猫が昔尿路結石になった事があったので、尿路結石対策が出来るフードを選んでいます。
猫を飼い始めた時は可愛さのあまりおやつ(猫用のカニカマなど)を挙げていたのですが、それが良くなかったようなのでフードも栄養面をきちんと見るようになりました。
今ではおやつ類は与えないようにしています。

今までカリカリは色々試しましたがねこ元気が一番食いつきが良いです。
前は他のフードを食べていましたが少しお値段が高かったのでこちらに切り替えました。
大袋ですが中身はちゃんと小さい袋に分けられているので乾燥が防げて良いです。
うちの猫は大きい粒のドライフードは食べづらいようなので、ねこ元気のような小粒のものは助かります。
栄養素もそれ用に作られているだけあってちゃんとしているので安心して食べさせる事が出来ます。

キャットフードを選ぶ上でまず見るのが国産かどうかです。
外国産の物でも美味しそうに食べますが、飼い主としては国産のほうが何となく安心感があるのでそちらを選んでいます。
金缶も国産なので選びました。
缶詰も一時期外国で原産されてるものを食べさせていましたが、いつも食べている缶詰でも缶によって全く食べない時があったので、中身に何かばらつきがあるのかなと不安になりました。
その他食べた直後に目のあたりがアレルギーのように赤くなったりしたのでそれからはずっと国産を食べさせています。
缶詰の国産は少しお値段がしますが猫の安心には変えられません。
金缶は猫の食いつきも申し分ないので満足です。
あとはたまにチャオの焼きかつおも食べています。
手でほぐして食べやすいようにしてから与えています。
こちらも国産で美味しいようで猫は大好きです。





フードについて


まあ、ここまで、少し特別なお話をして来ましたが、ここで、ちょっと皆さんに聞いてみたいことがあります。

お宅の猫ちゃんのフードは何を使っていますか?もしそれを選んだのがあなただったら、どうしてそのフードを選んだんでしょうか?

CMでよくやってるから?それともペットショップに進められたから?スーパーマーケットやディスカウントストアで安く売っていたから?

私の場合は、まず、1ぴき目のネムの時は、ブリーダーさんのおすすめを使いました。

理由は、いつも食べているものを与えた方が、猫自身にもストレスがないこと。生まれたときから食べていたものを食べさせるのは大切です。特に、環境が変わってすぐに、フードやトイレまで変わってしまったら、ものすごいストレスです。

あなただったらどうです?今までごちそうを食べていたのに、いきなり、猫まんまにかわったら、それはどう考えても嫌ですよね。猫だって同じことです。なので、ずっと同じものを与えていたのですが、2ひき目を飼ってからこの食生活に問題が出ました。

最初の家はもちろん問題はありませんでした。

下の子のフードへの執着が激しく、確実に分けて与えないと、自分の子猫用のフードを食べた後、ネムのフードに突進し、7才も年上のネムからフードを盗ってしまうんですね。これには困りました。ご愛嬌ですけどね。

が、ヒイナが1才を迎えて、ネムと同じものを食べるようになって暫くして、うんちの変化に気が付きました。緩いんです。水下痢状態。最初は理由がわからず、様子を見ていましたが、だんだん元気がなくなって来たので、動物病院へ。

注射はされるは、点滴はされるわ、あげく血液検査で細い血管から血を抜かれて・・・。

結果、もしかしたら食物アレルギーではないかということになりました。そこで、1週間分のフードを処方してもらったのです。それが、私とカナガンとの出会いでした。詳しくは教えてもらわなかったため、一生懸命、カナガンキャットフードの口コミを調べました。動物病院でもらったものですから悪いものではないはずです。でも、成分が気になって。

すると、無添加なのは今までのものと同じでしたが、穀類が入っていません。もしかしたらこれが食物アレルギーを引き起こしていた?一縷の希望に賭け、1週間食べさせ続けました。

そして1週間後、また同じフードを処方してもらったのです。

つまり、水下痢が、少しではありますが良くなったのです。フードひとつでこんなに変わるものか、と思いましたが事実です。以来、ネム共々このフードを食べさせ続けております。

フードは何を?と聞いたのは、こう言うことです。実際は何を食べさせても良いとは思うのですが、必ず、愛猫のことをつねに考えて与えるようにしてくださいね。

 

こんなものは与えちゃいけません

IMG00602

 





猫風邪②


猫風邪の話をしました。

ヒイナは、通院を1ヶ月ほどした結果、熱も下がり、獣医さんにも『もう大丈夫ですね』の言葉をいただき、薬も終わりました。

しかし、懸念していたほどではないにしろ、鼻は悪いままになりました。『これは、一生治りません』と言われてしまえば、諦めるしかなく、3才になった今でも、眠るときは『ブービー、ブービー』と鼻を鳴らしています。

身体の方は元気一杯で、パタパタ走り回っては、ネムに飛びかかり、『シャー』っと教育的指導をされていました。

ですが、この猫風邪はとんだおまけをつれてきました。

ヒイナの猫風邪が治る前のことですが、ネムの目やにが多くなっていきました。

スコティッシュホールドという、猫種は、他の猫よりも鼻が低い猫です。どうしてもその顔の構造上、目やにが出やすいという猫です。特にネムは、写真を見ていただけばわかると思いますが、目と鼻の間に、あまり距離がありません。ですので、大変、目やにが出やすい子です。

けれど、その時の様子はまったく違いました。いつもの目やにとは違い、流れる程。パッと身では泣いているようなそんな感じです。

驚いて獣医さんに見てもらいにいくと、案の定、『ヒイナちゃんの風邪をもらっちゃいましたね。熱もあります。鼻水が目の方に回ってしまっているのと、風邪のせいで結膜炎もひきおこしてます。ですから流れるように目やにが出るんですね。ネムくんにも抗生物質と、後、結膜炎用の目薬も出します』と言われました。

ショックでした。

ヒイナは、一生走れなくなるかもしれないと言われ、ネムも風邪を引き、結膜炎でだらだらと涙を流しています。

きちんと管理をしていなかったブリーダーを恨みました。

このようなことがあるので、ブリーダーから猫を購入する方は、ブリーダーのリサーチは必ずしてください。

ちなみにですが、そのブリーダーさんは半年後、ホームページを閉めてしまいました。

お話は戻ります。ネムの状態はヒイナが治ってからも続き、完全に治ったのはヒイナに遅れること3週間でした。

猫風邪というのは、完全部屋飼いの猫ならかかることはあまりありません。

けれども、今回の私のように、手に入れたときには気がつかなかった。

けれど、健康状態が悪かった。

そのあげく、その子の治療だけでなく、先住猫の健康にまで問題が出た。

くれぐれも、そんなことがないようにお気をつけください。

IMG00306

流れ落ちてる目やにというか、涙、わかりますか?





猫風邪①


猫風邪については、私が経験したこと、獣医さんに教えていただいたこと、ネットで調べたことを含めて、書いていこうと思います。

まず、猫風邪とはようようの症状があります。一概にこれ、というのはありません。なぜなら、人間でも風邪を引いたときに、風邪にかかった人によって症状が違いますよね。猫も同じなんです。ネットによれば、原因となるウイルスの種類だということです。

いつもは元気な猫が、元気がなくなる。食欲がなくなる。熱が出る。鼻水をたらす。くしゃみをする。と言ったものから、肺炎や関節炎、脱水症状をおこす。

大人の猫でも重症になると大変なことになるのに、免疫力の無い子猫では、死に至るかもしれない、危険な病気です。

ヒイナの場合は、鼻水とくしゃみ。発熱、といったものでしたが、幸いに本人は暴れまわれるぐらいに元気で、食欲もありました。ですので、最悪の事にはなりませんでしたが、それでも、症状はひどいですと、獣医さんには言われてしまいました。

熱も40度半ばありましたので、とにかくお水を飲みましたね。なので、お水は絶対にきらしませんでした。これは、獣医さんにも言われたことです。これを怠ると、脱水症状を起こしますよ、と。

当時、フルパートをしていたため、昼間は家にはいません。正直困りました。ヒイナは猫風邪も引いていますし、まだ、ネムとも仲良くありませんでしたので、ゲージに入れていました。ですから、中くらいのゲージではあまり多くのお水を入れられないので、倒れにくい大きめのマグカップを2つ用意し、なんとか水問題を解決しました。

あとは、鼻水とくしゃみ。

ボタボタとたらすというほどではありませんでしたが、くしゃみと共に鼻水を飛ばしていました。いつも鼻がつまっているため、ブーブーと鼻を鳴らし、寝ていてもブーブー、起きていてもブーブーしていました。かわいそうだったのは、身体は元気ですので、家のなかを走り回ります。その時に、くしゃみをして転んでしまったり、鼻が苦しくなって、はぁはぁと荒い息をついていたことです。そういった姿を見ると、獣医さんの言った「一生元気に走り回れなくなる」という言葉が頭をよぎり、さすがに涙が落ちました。嫌がるお薬も2種類。粉薬は水にといて、固形薬と1日に2回、小さな口を無理矢理開いてあげるのはとても辛かったです。

IMG00312

少し元気がありません。

このときはかなり、ボーッとしてました。

写真を撮るために顔は拭いてあります。